生活の道具:コート掛け

9,000yen
古道具 | 鉄・ブリキ | 2017.01.23
ab

portemanteau / ポルトマント
16E-116
コート掛けである

◆用途:2段になっているので、壁に取り付けて、
上に帽子、下にコート或いは上にコート、下にバッグと掛けられる


頭の部分がとても凝った作りになっている
これは1本の鉄を4つに裂いて、それをねじらせてつくる
錬鉄の形のひとつでpignes「松かさ」と呼ばれる。
もう一つの115のものより、若干松かさ部分が長い

 中央の抑えは2か所である

コート等を掛ける部分は前述の帽子掛けのないものと同じデザインである

裏から見た様子

◆ポイント:壁に掛けた感じ

ねじった手法と裂いた造りが素晴らしい
何も掛けなくても、オブジェとして飾れそうなくらいである

*店ではだるまピンで仮止めしているが、実際はしっかり釘で留めると安心である

◆時 代:19世紀末 France
◆素 材:鉄
◆サイズ:L-24.5cm W-7cm 奥行-10.5cm