●南仏の古道具:足置き

vendu / 販売済み

tabouret / タブレ
17P-117

◆言葉:tabouretはスツール・腰掛にも使われる

◆用途:足掛け台(tabouret de pieds/タブレ ドゥ ピエ)

 椅子に座って、足を延ばすときおく為の物

 しっかり出来ているので、直接座ることも出来る

 横から見ても凝った足元である

 上から見た感じ:ちょっと足を置いても固くなく、弾力もある

 裏側で編み込んでいる様子が伺える

◆ポイント:足元の作り
非常に木の細工が凝っている

部分的に見てみる

◆時 代:20世紀中
◆素 材:木
◆サイズ:L-24cm W-30cm H-16cm

ご購入メールはこちら