フランスの古道具;料理の道具:グリルⅡ

Gril / グリル
17W-52

Alphabet Provencal で展示されていた ”G”で始まる道具

◆言 葉:gril=焼き網の事を言うが、格子の柵などにもこの言葉が使われる

◆用 途:肉などを直接乗せて焼く、鉄板の役割

上に載っている、丸い天板が回る

現在で言えば、ターンテーブル。焼きムラの無い様に出来ている

勿論、錬鉄である

◆ポイント:ガッツリと鉄をたたいて作り上げた品

天板の作りが波打っており、熱伝導率を良くしてある。 クネクエとしているので蛇模様グリルとも言われる


持ち手の先端がクルリと丸めてあり、壁に掛けられるようになっている

裏から見ても、すべて錬鉄の作りが解る

◆時 代:19世紀
◆素 材:錬鉄製
◆サイズ:L-44.5cm  直径-23cm  H-6.5cm
◆重 さ:900g

ご購入メールはこちら