南仏の古道具(鉄):靴職人の道具;鉄床Ⅱ

18,000yen=10,000yen
ab

Pieds de fer / ピエ ドゥ フェール
17E-084

◆言 葉:pieds =(人間の)足首から下 fer=鉄

◆用 途:enclume de cordonnier / 靴職人の為の鉄床

土台に鉄床を逆さまにつけて、靴を仕立てていく道具である

男の子用か踵の幅がある

反対側から見た様子

同じに、つま先の幅もしっかりしている

 ◆ポイント:19世紀末から20世紀初めにかけての職人

元々服の文化であったフランス、着物から洋服になった日本とは違うとは言え
そんなにも、たくさん持っていたわけでなく、
写真を撮られるのも現代のように日常的ではなかったであろうが、
それにしても、髪も整え、正装のような姿。
自分の靴職人の仕事に誇りを持っていた事がうかがえる。

上から見た様子

つま先の中央に穴が空いている。ドア台につける時に開けたのだろうか?

底には、真鍮が貼られている。随分使って補強したのだろうか?と想像する

*中々見かけない小さなサイズ、机の上でペーパーウエイトにも使えそうである

Blogも、どうぞご覧下さい

◆時 代:19世紀末
◆素 材:鉄
◆サイズ:L-16cm  W-5cm  H-13cm
◆重 さ:1,416g