南仏の古道具(木):木靴

sabot / サボ
17E-086

◆言 葉:sabot = 木靴
◆用 途:木を伐りだして作られた靴

 様々な形が19世紀末から20世紀初めにかけて作られた

 横から見た感じ

 木をくりぬいて作った靴の踵

 横側を反対から見た様子

◆ポイント:19世紀末から20世紀初めにかけての木靴職人

sabotier / サボティエと呼ばれる職人

カバーとなっているのは革のつま先には模様が作られている

くりぬかれた木靴の中

踵まで一貫して彫られている

*実際、履いて歩きたいが、20cm位の靴を履かれる方出ないと…と23.5cmの私には、全く入らなかった

Blogも、どうぞご覧下さい

◆時 代:20世紀末
◆素 材:鉄
◆サイズ:L-26cm  W-8cm  H-6cm
◆重 さ:517g

ご購入メールはこちら