●南仏の古道具:料理の道具;砂糖

vendu / 販売済み

pince casse-sucre / パンス カス-シュクル
17W-159

◆言 葉:pince=掴む sucre=砂糖 casse-sucre=砂糖壊し
◆用 途:黒砂糖の様な塊の砂糖を壊しながら掴む為の道具

ハサミの様な形、鉄を叩いて作った錬鉄の品

 この先で砂糖を挟んだ

反対側から見た様子

◆ポイント:開いた状態の様子

 pince a sucre=角砂糖 が出る前の時代に使われた

開いた状態の持ち手の部分

掴む部分が広がった様子

横から見た作り

◆注目すべき部分:砂糖掴みの道具も珍しいが、その中でも錬鉄のものは滅多に見ない道具である

Blogの方もご覧下さい

◆時 代:19世紀初め
◆素 材:鉄
◆サイズ:L – 17    W-9cm(取っ手) / 6cm(掴む部分)    H0.9cm(最大)
◆重 量:138g

ご購入メールはこちら